ゴルフのドライバースイング

スイング時のクラブのヘッドスピードが上がると飛距離が伸びます。

しかしそう簡単にヘッドスピードを上げることは難しいですし、無理にスピードを上げるとインパクトがまっすぐ行かずにスライスの原因にもなります。

ヘッドスピードを上げるコツ

ヘッドスピードを上げるにはダウンスイング時のコックをうまくできるかどうかにかかっています。

ダウンスイングでの手首の戻しを効率よくできれば自然にヘッドスピードは上がります。

それからスイングのスピードそのものを上げるとヘッドスピードももちろん上がります。

それには身体の回転速度を上げることが重要になってきますが、これはフィジカルのトレーニングを行うしかありません。

ヘッドスピードを上げる特訓

ヘッドスピードを上げる練習というのは実は筋肉トレーニングではありません。

もちろん基本的な筋肉をつけることの重要性は否定しませんが、回転速度を上げる、ましてやゴルフのダウンスイングのスピードを上げるというのは筋肉の強さは関係ありません。

それよりも慣性のスピードなので、簡単に言えばゴルフのクラブを軽くすればヘッドスピードが上がります。

重いクラブの場合は、その重さによって振り子のように安定しやすいのですが、軽いクラブの場合はヘッドスピードは上がりますが、安定性がかなり低下します。

つまり、スライスしたり、体がぶれたりするのでダフリやトップになりやすいということです。

これらを克服するにはコックの使い方と体幹を鍛えるのがいいでしょう。あとは軽いクラブでスイングをひたすら練習するのみです。

ドライバーのスイング上達法法