ゴルフのドライバースイング

ゴルフのボールをまっすぐ飛ばすには手首の使い方が重要になります。 手首の使い方がおかしいとスライスしたりしてフェアウェイキープ率が下がってしまいます。

特にドライバーの場合はインパクトでまっすぐフェイスの面に垂直にボールを当てないといけないので難しいです。

グリップができればコックは自然に

コックというのは手首の曲げ方(使い方)のことを言います。

ドライバーでボールをまっすぐに飛ばすにはコックが大事なのですが、コックをするのにはグリップ(クラブの握り方)を先に知っておく必要があります。

グリップを正しくしていれば、コックも自然と良い状態になってきます。

コックの正しいやり方

基本的にはアドレスしたときの手首の感じをイメージしておきます。特に左手。

そしてバックスイングは自然に行い、ダウンスイングの時にクラブが右足にさしかかったあたりで、アドレス時の手首にもどすように意識するといいと思います。

具体的には左手首というのはアドレス時には少し手の甲の側に折れています。それをバックスイングのトップまでに腕と一直線になるように手首をひねります。

この辺はあまり難しく考えずに自然にできるようになるのが理想です。

アドレスも正しくする

アドレスで前傾するとお尻が後ろに出っ張る感じになります。

その状態で、クリップエンドを左股関節を指すようなイメージに持っていきます。

実はグリップエンドは身体の中心ではなく、打つ方向にややずれているというのが正解です。

その時にゴルフクラブが背骨と直角の状態になっているかチェックしましょう。

それができればコックも自然にできるようになると思います。

ドライバーのスイング上達法法