ゴルフのドライバースイング

とにもかくにもゴルフの基本となるのはドライバーであれ、アイアンであれ、パターであれスイングになります。

このスイングの基本ができていないとゴルフが上達するはずもありません。

体幹を鍛える

ゴルフのスイングというのは基本的には自然体でリラックスした状態で行うのがいいでしょう。

つまり、体が自然に覚えている状態と言ってもいいのですが、これはもう練習に練習を重ねるしかありません。

しかし、変なクセが付いていてはそれを身体に染みこませるとスコアが一向に良くならないので気を付けてください。

スイングの基本は身体の軸となる体幹、重心で正しく体を回転させることができているかどうかに尽きます。

腕の動きや頭の動きも大事なのですが、やっぱり軸となる背骨や腰の回転にあります。

スイングの練習でも体幹は鍛えられますが、別メニューでインナーマッスルを鍛えるのが効果的だと思います。

バックスイングのチェック

アドレス後の動作はバックスイングですよね。ティーアップからまっすぐに左腕を伸ばしたままクラブを振り上げます。ひじが伸びていることを意識してください。

トップに入ったら自然にクラブが寝てくると思います。そこで左手の手首が曲がり、右ひじがちょうど直角になります。この姿勢だとコックを保ちながらダウンスイングをすることができます。

ヘッドアップにならないように

ダウンスイングの時にも左腕は伸ばしたままで行います。ヘッドスピードの加速を意識して自然に左手の手首をもどす動作ができるようになる練習をしましょう。

インパクトの瞬間でとくに気を付けたいのがトップやダフリです。これはヘッドスピードが上がる時に上体が動いてしまうことでおこります。

ボールをインパクトの瞬間まで見ることができればヘッドアップは防げてきちんとボールを打つことができます。

自撮りでチェックしよう

ゴルフのスイングは腕の長さや筋肉の付き方、身長や柔軟性によってもひとそれぞれ変わってきます。

だれかの見本を真似しても自分には合わないスイングというものがあるのです。

これらをチェックするためにはスマホなどで自分のスイングを録画するということです。動画にして客観的に見ることで悪いところが見つけやすくなります。

ドライバーのスイング上達法法